ピアノ防音室を利用しないのはもったいない!

TOP > ピアノ用の防音室について > ピアノ防音室を利用しないのはもったいない!

ピアノ防音室を利用しないのはもったいない!

自宅の部屋を工事して防音室にすると音が外に漏れにくくなります。
そのため、演者は練習時にピアノの音が回りに漏れることにより、迷惑をかけてしまうと言う心配を少なくすることができます。
心配を無くすことで、練習量を増加させることができるでしょう。
ピアノの腕を上げるのには、練習量を多くすることが大切だと言えます。
世界で活躍している様な有名なピアニストは、通常人以上の練習を行っているからこそ、観客を魅了する演奏ができるのだと思います。
自宅を防音室にかえることにより、ピアノ教室で練習する回数を減らすことができます。
ピアノ教室に通うための移動時間を減らすことにより、練習時間を増やすことが可能です。
自宅を防音室にかえると、ピアノの練習量を数倍にすることも可能だと言えます。
練習量を多くすると、正確な演奏を行いやすくなります。
また、演奏できる曲の量も増えることでしょう。


防音室にすることにより、ピアノ演奏時に音が部屋の中にいい感じに響く様になります。
部屋の中に音が響き渡ると、演者の右脳が刺激されることにより、より表現力が上げることができるでしょう。
ピアノは、同じ曲を演奏しても演者によってことなります。
それは、演者の表現力によるものだと言えます。
外からの音を遮断することができるので、気がそれにくくなります。
そのため、ピアノの演奏により集中することができます。
集中することにより、練習を濃いものにすることができると言えます。
この様に、部屋を防音室にかえることにより、練習の質を上げることができると言えるでしょう。
練習時間は無限にある訳ではありません。
防音室は、練習の質を上げることにより、限られた時間の練習で演者は腕を維持することができ、また上げることを可能にします。


ピアノの音は基本的に聞いていて心地いいものですが、人によっては必ずしもそうではないです。
また、演者以外の人が連日聞いてしまうとストレスを持ってしまう場合もあります。
その場合に、近隣住民の人から文句を言われてしまうことがあるでしょう。
今でも、人間関係は大切で一度壊れてしまった人間関係をなおすことは簡単にはできないと言えます。
家族も、もしかしたらストレスをもっている場合もあるかもしれません。
練習時に可能な限り部屋の外にピアノの音を出さないことにより、ピアノの音が原因で起きるトラブルを少なくすることができると言えます。
ピアノの腕を上げるためには、周囲の人の協力や理解がとても大切だと言えます。
防音室にすることで、周囲の人の協力や理解を得ることができ、よりピアノの腕を磨きやすくなると言えるのではないでしょうか。

次の記事へ