ピアノを弾く場合に必要な防音室を作る

TOP > ピアノ用の防音室について > ピアノを弾く場合に必要な防音室を作る

ピアノを弾く場合に必要な防音室を作る

ピアノは、ヘッドホンなどで聞くよりも実際にピアノ本体から出る音を直接耳に入れた方がより臨場感が高まります。
これにより音の良さをより体感することが可能になります。
ですが問題が一つあり、音が外に漏れてしまいそれがクレームにつながる可能性があることです。
ピアノの音が響いて迷惑になるのは、その住人だけでなく隣の家の人にも音が伝わってしまいクレームになる恐れもあるでしょう。
このような場合には、防音室を作ることで対応することは十分可能です。
ではどのようにして作るかが問題になりますが、一つは業者に作ってもらう方法もあります。
基本的な設計は自分たちで行い、あとは業者にお願いをしてみましょう。
ただ、業者に依頼する場合には材料費だけでなく技術料もかかるため6畳の部屋でも30万円ぐらいかかることも少なくありません。


自分で防音室を作る場合には、まず仕組みをよく理解しておく必要があります。
基本的に、壁際に箪笥や本棚などをおけば確かに音の響きを抑えることができます。
ですが、それはせいぜい部屋の中で話している声を少し小さくする程度しか効果がなく、ピアノを弾く場合には無力です。
それよりも、本格的な防音シートなどを用いて防音室も作る必要があります。
このときに大事になるのは、防音シートとそれを張り付けるテープです。
基本的にこの二つがあれば大きな音を抑えることができるでしょう。
シートはどこに販売されているかといえば、ホームセンターで販売されていますが専門店などで手に入れれば一部屋分ぐらいの面積のシートを一度に購入することは簡単です。
後は、それを適当な長さに切りますが、基本的に窓以外はすべて防音シートで部屋を包み込まなければいけません。


防音シートを使う理由は、音を吸収してくれるからです。
タンスや本棚は単に音を跳ね返す働きがあるものの、完全に吸収してくれるわけではありません。
防音シートはどのように音を吸収するかといえば、シートの中に音を吸収する素材のガラスウールなどが含まれているからです。
もしガラスルールが含まれている防音シートを自分でカッターなどで処理をするときには、細かいガラスがのどの中に入れないように注意しなければなりません。
必ずマスクをして作業をするようにしましょう。
ガラスウール以外にも防音性に優れた素材の一つがウレタンになります。
ウレタンの場合には、カッターで加工してもほとんど体に影響がないため特にマスクなどをする必要はないでしょう。
扉にも、シートをつける必要があるだけでなくすき間がある場合にはそのすき間を完全にふさいでしまいましょう。
これにより、大声で叫んでも会話をしている程度の音に抑えることが可能です。

次の記事へ