TOP > ピアノ用の防音室について > ピアノの防音は外への音漏れが無ければよいのか

ピアノの防音は外への音漏れが無ければよいのか

マンションや一戸建てでピアノを演奏するとき、標準的な構造であればそれなりに音漏れがします。
マンションであれば上下左右の住宅に一定の音が漏れてしまうでしょうし、一戸建てだと周りの住宅との距離によってやはり音が漏れるでしょう。
音に関する問題は生活におけるトラブルになりやすく、何の配慮もなくただ音を鳴らし過ぎるのは良くありません。
そこで考えたいのが防音室の設置です。
注文住宅で将来的にピアノを演奏することを考慮するのであれば設計段階から防音設備を設置するのを前提にしておくと良いでしょう。
一方マンションや既に建てられている住宅においては後からの加工によって音漏れを減らすことができます。
設備によってどれくらいの音を減らすことができるかなどがあるので、予算などに合わせて選ぶと良いでしょう。


ピアノの防音室づくりにおいてはまず音を外部に漏らさない仕組みを考えたいですが、それだけを考えるといざできた時に不満が出てしまうときがあります。
それは演奏者が本来のピアノの音を感じれなくなることで起きてしまいます。
ピアノの音は適度に反響などがあって演奏者の耳に入りますが、ただ音漏れしない加工をするだけだと良くない反響になってしまいます。
外に音が漏れないのはいいけども、演奏時に問題が起きると練習もできないでしょうし、ピアノ教室などを行うときにも正しい指導ができなくなるかもしれません。
業者に依頼して防音室を作ってもらうときには、ピアノの演奏に最適なタイプを提案してもらう必要があるでしょう。
音を漏らさない仕組みを持ちながら、演奏している部屋の中ではピアノ本来の音が聞こえるようにしてもらいます。


防音室を作るとなるとそれなりに費用がかかり、あまり負担がかけられないときもあるかもしれません。
防音室にはいろいろなタイプがあるので、費用や効果を勘案して適した工事をしてもらうようにすると良いでしょう。
一般的には壁に音を通さない素材のものを設置して外部への音漏れを軽減することが多いですが、それ以外に床に一定の素材を設置する方法などもあります。
また素材によって音漏れの度合いも異なりますが、全く音漏れしないタイプだと高額になり、少し音漏れがあるぐらいなら低額での導入ができます。
導入する部屋によっては高額の素材を使わなくても対応できるかもしれないので、部屋に合った素材選びをするようにしましょう。
手軽に防音室を作れるパネルタイプなどもあるので、使えるかどうか検討してみても良いでしょう。

次の記事へ