美容師になるための美容専門学校の選び方

Recent Posts

美容専門学校の授業内容とは

Readmore

設備も充実した美容専門学校

Readmore

2年間で習得できる美容スキル

Readmore

美容関係のお仕事に就きたいあなたに

Readmore

美容師になるための専門学校

今やコンビニよりも多い美容院ですが、それぞれにたくさんの美容師の方がいます。美容院で働くのには資格は不要ですが、スタイリストになるためには美容師の国家試験が必要になります。そしてその美容師の国家試験の受験というのには必ず定められた授業と授業時間が必要になりますので、そのために美容専門学校に通って授業を受ける必要があります。そんな美容専門学校ですが、主にどういった授業を受けるのかというところについて紹介していきます。
美容専門学校の授業には座学と実習があり、座学は主に衛生管理や保健などといった感染症や美容器具の取り扱いに関する事や、理論や関係法規などといった美容師に関係する法律や規則の勉強をします。そして実習は国家試験でメインとなるパーマやカットの練習で、主にウィッグを使用した授業を行っています。国家試験の実習項目は毎年変わっており、カットは必修項目になりますがパーマ項目ではオールウェーブかワインディングになります。
さらにそれだけではなく、着付けの資格取得やメイク、ネイルなどのコースもある美容専門学校が多く、それぞれのコースで培ってきた技術をもとに定期的にイベントを行う所もあります。それぞれが夢に向かって勉強してきた集大成を感じられる唯一のイベントは生徒たちからも大人気です。美容専門学校はオープンキャンパスも豊富に行っていますので、気になった方はぜひ遊びに行ってみてはいかがでしょうか。

美容専門学校の選び方

美容専門学校の選び方について。美容専門学校と聞いてすぐに美容師になれる!と思われがちですが、美容師は国家資格です。学校に通い2年の間に国家試験の勉強をしなければ2年後、美容師として働くことができません。(通信過程は3年です)2年と聞き長いと思う人が多いと思いますが、実際にはとても短いです。2年間の中で国家試験に受かるための勉強、サロンワークの勉強をしなければなりません。国家試験は実技、学科の両方があり両方共合格しなければ美容師免許は貰うことができません。
学校の選び方については、オープンキャンパスよりも学校見学の方がとても重要だと思います。学校見学では実際にどんな雰囲気でどんな勉強をしているのか、先生はしっかりと教えているのかが一番見れます。オープンキャンパスはイベントが多いので実際の学校の姿が見れません。そしてなるべく大人数では無いところがいいです。私自身大人数ではない学校を出ています。
なぜかというと先生二人に対し50人以上の生徒を見るとします。必ず見きれない生徒が出てくるのです。質問したくても質問する人の人数が多く、先生の奪い合いになります。分からないところが山積みになり課題が多くなってしまい大変な思いをしてしまいます。以上のことから専門学校の選び方は大人数ではない、生徒一人一人を見てくれる、先生の面倒見がいいというところを選ぶといいと思います。

東京都や千葉県、神奈川県、埼玉県を中心に東北地方や信越地方からも多くの学生が通っています。 就職サポートも学校から支援させ頂きます。 ヘアスタイリストコースとトータルビューティコースの2つのコースで美容師免許を目指します。 美容専門学校である本校では、熱意と意欲のある入学希望者に対して、入試および特待生制度により、学費の一部を免状することができます。 恵比寿の美容専門学校をお探しならこちら

List

2017/08/25
美容専門学校の授業内容とはを更新しました。
2017/08/25
設備も充実した美容専門学校を更新しました。
2017/08/25
2年間で習得できる美容スキルを更新しました。
2017/08/25
美容関係のお仕事に就きたいあなたにを更新しました。